松島屋ないまぜ帖

2021年10月

2021.10.28

眼福!東をどり2021

昨日、新橋演舞場へ伺いました。

春から延期になっていた「東をどり」です。

 

今回はコロナ対策バージョン。

映像と芸者衆勢揃いのフィナーレ

併せて40分間の構成です。

  

大スクリーンでの映像は

新橋の料亭で撮影したもの。

  

普段なかなか目にする機会が少ない

料亭の見事な室礼を

芸者さんの踊りや

地方さんのお囃子と一緒に

楽しめるというご趣向でした。

  

茶席に掛かる竹内栖鳳の「紅葉」や

山口蓬春・福田平八郎の紅梅・白梅のお軸、

数百本の菖蒲の生花を活けたものなど

花柳界の粋が凝縮。

  

横山大観の「富士と箱根連峰」

襖絵22枚の迫力といったら、もう!

  

    

映像を使うのは

大正14年から始まった「東をどり」で

初の試みだそうです。

何十年か後になって

「あの時はあ〜だった、こ〜だった」

と懐かしく振り返る日が

来るかもしれません。

   

全てが珍しく、瞬きするのも

惜しいと思った私ですが

「新橋の料亭、懐かしいなぁ」と思われる方も

沢山いらっしゃるかと。

どうぞコロナ収束後には

新橋へ繰り出してくださいませ。  

  

エポックメイキングな

「第九十六回 映像の東をどり」は

本日まで。

  

事前予約で、お持ち帰りのみの

料亭の折詰めが口福でした↓

左:金田中さん、右:米村さん

2021.10.27

本日、十月大歌舞伎千穐楽

七代目のお兄ちゃま

尾上菊五郎サン

文化勲章ご受章の吉報が入りました。

  

今月2日、歌舞伎座初日に

79歳のお誕生日を迎えられ

舞台上、劇中みんなで

「おめでとうございます」

とお祝いしました。

  

そして今度は文化勲章。

歌舞伎役者として初めての受章は

おじいちゃまの六世菊五郎サンだそうです。

  

音羽屋サンの家紋は

重ね扇に抱き柏↓

重ね重ねおめでとうございます。

    

そして本日、歌舞伎座千穐楽。

七月から四ヶ月にわたって

出演させていただきました。

応援してくださった皆さま

ありがとうございました。

   

今月は紀尾井町家話第五十一夜もございましたので

皆さまにはご自宅でも

楽しんで頂けたのなら

こんなに嬉しいことはありません。

松竹稽古場から生配信の様子をパチリ↓

   

明日から気持ちを切り替え

赤坂大歌舞伎の自主稽古。

前の台本を見直し

新しい台本の台詞を覚え

コロナバージョン「山名屋」が

動き始めます。

  

  

2021.10.26

眞子さまご結婚を祝して

秋篠宮家のご長女・眞子さまのお印

モッコウバラが石垣を覆っている

東京都北区の旧古河庭園へまいりました。

  

ここは薔薇の洋風庭園が有名で

今、60種類ほどが開花しています。

  

眞子さまご結婚を祝して

日本の皇室や世界の王室などに因んだ薔薇を

幾つかご紹介しますね。

  

プリンセス・ミチコ↓

   

ロイヤル・プリンセス↓

 

クレオパトラ↓

 

クイーン・エリザベス↓

 

 

ヨハネ・パウロ 2世↓

 

もともと明治時代

陸奥宗光元勲のお屋敷があった場所で

次男サンが古河家の養子になった時から

古河家の所有になったそうです。

  

国の名勝に指定されていて、

薔薇だけでなく

紅葉の日本庭園が素晴らしい!ので

近いうちにご紹介できたら

と思います。

  

  

2021.10.25

ウィンウィン

1980年10月25日

クイーンに代わって

ビルボード1位に輝いたのは

バーブラ・ストライザンドの

『ウーマン・イン・ラブ』

亀蔵レコードコレクションより↓

  

ビー・ジーズのバリー・ギブが

弟のロビンと書き下ろし

プロデュースした

ウィンウィンな作品。

  

LPからのシングルカットで

そのLP『ギルティ』はグラミー賞受賞。

バリーはバックコーラスにも参加し

5オクターブ出せる!と話題になった。

    

歌手としてメガヒットを放った

バーブラ・ストライザンドは

女優でもある。

『追憶』

『スター誕生』が有名だが  

僕としては

昔の映画にコメディエンヌとして出演していた

バーブラが好きだったなぁ。

亀蔵“映画チラシコレクション”から↓

「おかしなおかしな大追跡」1972年公開は

アメリカ喜劇映画の歴代6位!

  

「またまたおかしな大追跡」1974年公開は

チケット代が当時

大人1000円、学生900円だった。

学生料金が今とあまり変わらないのが驚き。

   

2021.10.24

小確幸

『こんなに小さいけれど確実な幸せ』という

村上春樹サンのエッセイ集

(原題『うずまき猫のみつけかた』)

に登場する「小確幸(ソファッケン)」が

韓国で流行語になって

日常の言葉として定着していると聞きます。

  

慎ましやかでこじんまりと

浮つくことのない着実な暮らし。

  

これ、私にとって

あるあるデス。

派手ではなく

食べるものに困らない程度の

ささやかで確実な幸せ。

モノを買う時は

海外のブランド品ではなく

なるべく日本の職人サンの助けになるように

というのを基準にしています。

    

今日10月24日は、てんにょ(天女)の日。

日本橋三越本店の天女様は

高さ11メートルの木像です↓

 

最近、デパートでの買い物は

食料品専門ですね〜(苦笑)。

 

天女様に見守られながらのお買い物、

今日はちょっぴり気持ちを大きく

「中確幸」ってことで〜♫

  

2021.10.23

霜降

この寒さ、一体何?

いきなり真冬の東京。

しかも雨。

昨日の気温、日中11度って。

先週と比べると10度くらい違う。

  

冬のコートが間に合わなくて

ひとまず薄手のに

ストールを合わせてみる↓

 

今日は二十四節気の霜降。

霜が降り始める頃。

   

毎年この日

嫁が鼻を膨らませて言う。

「霜は“おりる”もの。

“ふる”じゃないから

間違えないでね」

霜がふるのは、肉だと。

  

食欲の秋

「霜降り肉」が

食べたくなる日(笑)。

  

2021.10.22

フランスで話題の和食レシピ

「和食で美肌!」

今、フランスで注目されているらしく

日本人によるレシピ本が出版されました。

  

タイトルは『Belle peau』

ズバリ、「美しい肌」です↓

  

いつも宝塚歌劇に連れて行ってくださる

憧れのおばちゃまS夫人から頂戴した本で、

45のレシピが掲載されていました。

  

パラパラめくっていると

「きんぴら」「豆腐」「梅干」など

お馴染みの和食&和の食材が沢山。

  

フランス語はまったく読めませんが

日本酒で煮て

たまり醤油で味付けて、と

(多分)書かれている

「南瓜の煮物」ならすぐに作れそう!

    

早速、お酒を煮切って

南瓜を入れて

たまり醤油の代わりに

すき焼きの割下で味付け

(このテキトーさが私っぽい)。

大豆も身体にいいよ〜

みたいなページがあったので

生ゆばも一緒に煮ちゃえ〜↓

 

日本酒や醤油、日本茶など

その美味しさを

フランスはじめ世界の人たちに

もっともっと知ってもらえたら

嬉しいですよね。

  

著者のおひとり

Kibe Machiko氏は

リンパドレナージュの研究家だそうで

マッサージのツボも紹介されてました。

  

この本、フランスの雑誌『フィガロ』でも

特集されるとか

されたとか。 

夏の疲れに和食の優しさが沁みる季節です。

2021.10.21

蝋燭暮らし

いやぁ〜久しぶりにまいった。

歌舞伎座休演日の前日

(10月18日)の朝

我が家はいきなり停電した。

ブレーカーを上げては落ち

上げては落ちの繰り返し。

ウルトラマンよりもたない(泣)。

 

東京電力に来てもらい

漏電してないことを確認。

ひとまずホッとする。

  

原因はブレーカーの老朽化。

業者さんに駆けつけてもらった。

部品交換ではダメで

ブレーカー本体を交換することになったが

すぐに代替品が見つからないとのこと。

取り替え工事は

翌日、つまり休演日(10月19日)に

持ち越すことが決まった。

  

秋の日はつるべ落とし。

日暮れが早く

神棚のお灯明から仏壇用

ヒーリング用まで

家中の蝋燭を総動員↓

  

部屋を移動する度に

どこへでも蝋燭を持っていく。

  

休みの前の晩だから

夜更かしして

日曜夜に録画した「鬼滅の刃」を見ようと

楽しみにしていたが

TVが見られない。

  

いつも日付が変わると更新するブログ。

手元灯りの乏しい中で書いたところ

by亀嫁と痛恨のミス。

  

30時間後に復旧し

修正しました。

お許しください。

  

2021.10.20

放浪記

今から60年前の今日

日比谷の芸術座で

『放浪記』の幕が開きました。

  

日本のお母さんと呼ばれた女優

森光子先生の代表作です。

これは上演2000回記念の時に頂いた

光るコースター↓    

放浪記といえば

“でんぐり返し”と言われた程

有名だった第四幕第二場の

渋谷木賃宿のシーンに続くのが、

第四幕第三場

「南天堂」二階の出版記念会会場。

  

その南天堂は文京区本駒込に

本当にあります。

  

4〜5年前のこと

本駒込周辺の商店主サン達から

私に講演会講師の依頼がありました。

その場を仕切っていらっしゃったのが

南天堂のおじちゃまでした。

朗らかな方で

「ウチは『放浪記』に出てくる店だから

おいそれとはたためないんだよ〜」と

茶目っ気たっぷりに仰っていたのを

覚えています。

  

その南天堂書房の前を

数年ぶりに通りかかりましたら

お店があった場所が更地に!

  

驚いて立看板を見たところ

14階建のワンルームマンション100戸

&店舗に生まれ変わるらしいのです。

南天堂サン、

2023年春に

新しいビルが建ったら

また戻って来られるはず。

  

ここで提案です。

新しいビルの二階は

舞台セットそのまんま

って言うのは如何でしょう。

いっそのこと

『放浪記記念館』にしちゃいませんか?

女給姿の森先生が

「あら、エッサッサア」と

お盆を持って踊っていらした

カフェー「寿楽」も併設で!

南天堂のおじちゃま〜

お願いしま〜す!

  

2021.10.19

美術展もオンライン

  

朝晩ひんやりしてくると

日本酒が格段に美味しくなる。

もちろん一年中美味しいのだが

ひんやりした風や虫の音も含めて

酒の味が増すように思う。

  

器も大事な要素。

お気に入りは沢山あって

その内いろいろ紹介したいが

今泉今右衛門先生のお猪口は

小さめの色鍋島。

薄手の磁器で

主張し過ぎない↓ 

   

今、先代の作品が

今右衛門古陶磁美術館で開催されている。

  

なかなか佐賀へ出向くのは難しい昨今。

YouTubeでも同時開催中。

ついに展覧会もオンライン!

  

ご当代が優しい口調でご案内。

ピアノのBGMがいい感じ、

作品の邪魔をしない。

「十三代今右衛門展 草創期をたどる」は

こちらから↓

https://www.imaemon.co.jp/museum/

  

   

カレンダー

«10月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
ページトップへ