松島屋ないまぜ帖

2021.10.22

フランスで話題の和食レシピ

「和食で美肌!」

今、フランスで注目されているらしく

日本人によるレシピ本が出版されました。

  

タイトルは『Belle peau』

ズバリ、「美しい肌」です↓

  

いつも宝塚歌劇に連れて行ってくださる

憧れのおばちゃまS夫人から頂戴した本で、

45のレシピが掲載されていました。

  

パラパラめくっていると

「きんぴら」「豆腐」「梅干」など

お馴染みの和食&和の食材が沢山。

  

フランス語はまったく読めませんが

日本酒で煮て

たまり醤油で味付けて、と

(多分)書かれている

「南瓜の煮物」ならすぐに作れそう!

    

早速、お酒を煮切って

南瓜を入れて

たまり醤油の代わりに

すき焼きの割下で味付け

(このテキトーさが私っぽい)。

大豆も身体にいいよ〜

みたいなページがあったので

生ゆばも一緒に煮ちゃえ〜↓

 

日本酒や醤油、日本茶など

その美味しさを

フランスはじめ世界の人たちに

もっともっと知ってもらえたら

嬉しいですよね。

  

著者のおひとり

Kibe Machiko氏は

リンパドレナージュの研究家だそうで

マッサージのツボも紹介されてました。

  

この本、フランスの雑誌『フィガロ』でも

特集されるとか

されたとか。 

夏の疲れに和食の優しさが沁みる季節です。

    

カレンダー

«10月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
ページトップへ