松島屋ないまぜ帖

2021.10.18

十三夜

  

「廻れば大門の見かえり柳

いと長けれど・・・・・」で始まる

樋口一葉の『たけくらべ』。

 

  

樋口一葉は、

台東区立一葉記念館となっているあたりで

駄菓子や荒物を売る小さな店を

経営していました↓ 

 

生まれた時は

裕福な家のお嬢様だったのに

父親が亡くなったのを機に

一家の主として

家族の面倒を見るためです。

  

筆は立つものの

商売は上手ではなかったため

一年足らずで引き払ったようですが

ご近所の人達をつぶさに観察し

後に『たけくらべ』に活かされたことを思えば

決して無駄ではなかったと言えます。

  

この世は全て必然。

きっと何か意味がある。

  

上野の森で身の上を語る

主人公たちを描いたこの絵は

『十三夜』の一場面↓

瀧澤徳雄画

 

貧乏も苦難も淡い恋も、

24年の歳月を一気に駆け抜けた

女流作家、樋口一葉

晩年の傑作です。

  

今夜は令和三年の十三夜。

  

    

カレンダー

«10月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
ページトップへ