松島屋ないまぜ帖

2021.10.11

小岩井の味

昨日の『東洋文庫ミュージアム』の

続きです。

  

涙に濡れてインクが滲んだ筆跡は

フランス王妃マリー・アントワネットが

断頭台の露と消える日

妹に向けて書いたものだそうです↓

  

そのマリー・アントワネットの

蔵書だったと伝わる

『イエズス会士書簡集』を

お重箱に仕立てたものが!

  

東洋文庫ミュージアム併設

オリエント・カフェで頂けます。

1日限定10食

『文庫ランチ(マリーアントワネット)』↓

   

実は、このカフェ、

小岩井農場の運営で

岩手の食材を使っているのです。

  

そもそも

小野家、岩崎家、井上家の頭文字を

とってつけられた小岩井農場。

東洋文庫よりもっと古く

since1891年で、

三菱三代目の岩崎久彌社長が

農場主だった時代もあって

こんな洒落たコラボなんですね。

  

ミュージアムを通らず

直接カフェへ入る事もできますが

推しは『知恵の小径』。

  

ミュージアム棟からカフェへの空間が

まるで茶室へ向かう路地のよう、

気分を一新してくれます

    

右側の黒い壁に書かれている白い文字は

アジアの名言。

因みに右端はヒンディー語↑

「暴力は弱者の武器であり

非暴力は強者の武器である

(ガンディー)」

  

平和である事を祈り

感謝しつつ、

有名無名

さまざまな人たちから

メッセージを

辿るひとときです。

    

  

    

カレンダー

«10月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
ページトップへ