松島屋ないまぜ帖

2021.02.02

小倉織

江戸時代

今の北九州市は小倉藩でした。

そこで当時織られていた

縞模様の羽織や袴が小倉織。

幕府への献上品でもあったのですが

昭和初期から長い間

廃れていました。

 

それをエイヤッと大学を中退し

復活させたのが

築城則子さんです。

築城さんはその後

小倉縮も復元なさいました。

糸も染料も全てが天然素材

だからでしょうか、

キリッとしていて

でもフワッとしていて、

なんとも言えない風情なのです。

ものすごく手間のかかる

緻密な作品なのに

ドヤ顔じゃない。

奥ゆかしさとたおやかさを併せ持つ

日本文化の粋を感じます。

今月7日まで銀座和光で

帯や着物など百点が展示されています。

会場設営も素敵!

じっくり拝見できるチャンスです。

  

 

 

 

 

カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
ページトップへ