松島屋ないまぜ帖

2021.02.27

アーノルド・ローベル展

さて昨日の続き 

アーノルド・ローベル展です。

  

一番驚いたのは、

がまくんとかえるくんの組み合わせ。

  

最初は

“男男”ではなく

“男女”のカップルが

ラフ画にあったこと。

スカート? ドレス?

  

実際に声に出して読みながら

話のテンポなどを考えていた

というローベルさん。

  

マザーグースの挿絵での

舞台セットのような構図、

演劇好きだったと聞いて、納得。

原画「ロンドン橋が落っこちる」↓

  

また、舞台美術の仕事をなさっている

お嬢さんを

羨ましく思っていた!

というエピソードを

キュレーターさんから伺って

微笑ましくなりました。

  

そのお嬢さんから

誕生日プレゼントにもらったという

手作りゴリラの着ぐるみ。

昨日のブログ、展覧会入り口の写真です。

優しい笑顔のローベルさん、

そのお人柄が作品に滲み出ています。

  

「がまくんとかえるくん」を読み返して、

手紙が書きたくなりました。

  

“見せ方”も大事だということに

改めて気づかせてくれた

アーノルド・ローベル展は

3月28日まで。

  

 

 

 

 

カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
ページトップへ