松島屋ないまぜ帖

2022.01.09

博物館に初詣

初春の東京国立博物館へ

毎年“拝み”に行きます。

  

長谷川等伯

国宝「松林図屏風」。

展示室の空気がまず違います。

  

  

来場者は、

最初、遠巻きに全景を眺め、

辺りの空気に慣れたところで

徐に作品へ近づき、

じっくりと対面の時を持つ

というパターンが多いことに

気づきました。

  

白い和紙の上に

墨の濃淡だけで

松林を描いている水墨画が、

周りを圧するのです。

  

じっと佇んでいると

光と風と湿度が感じられます。

  

これほど実物と印刷物の差が大きい作品を

見たことがありません。

思わず手を合わせたくなる

オーラを放っているのです。

  

初詣のこの時期

本館の大階段には

真生流・山根由美氏のいけ花が

  

「寅年」に因んだ

特別展示も。

展示替えがありますので

お出かけの時は

チェックなさってくださいね。

   

    

カレンダー

«1月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
ページトップへ