松島屋ないまぜ帖

2021.09.18

博多人形

博多人形は1600年(慶長5年)

黒田長政の筑前入国に端を発すると

伝えられています。

歌舞伎より数年先輩です。

  
きもの美人の人形を
イメージなさる方が

多いかもしれませんね。

  

今日から始まる

『中村人形と太宰府天満宮』展の

チラシがこちら↓

  

着想は自由。

時代と共に変化することを是としている

博多人形の老舗、

中村人形は

1917年(大正6年)創業。  

  

三代目の中村信喬サンに

日本伝統工芸展の会場で

ばったり!

見事、日本工芸会奨励賞を受賞されました

 

  

博多人形は素焼きに着彩が基本で

キラキラと宝石のような光を放つのは貝。

その厚さで発色が違う為

ミリ単位以下での創意工夫と

確かな技術力が作品の中に詰まっています。

    

信喬サンは天正遣欧少年使節を

ライフワークになさっていて

これまでに数々の賞に輝かれているのです。

  

   

三大歌舞伎のひとつ

『菅原伝授手習鑑』は

菅原道真公の物語。

菅公は言わずと知れた太宰府天満宮の御祭神で

国家の安寧と自身の潔白を天に祈るそのお姿を

信喬サン親子が製作されました。

『中村人形と太宰府天満宮展』

前期日程(〜12月7日)にて

福岡県太宰府天満宮の宝物殿で

展示されます。

  

後期日程は

12月11日〜来年3月13日です。

  

    

カレンダー

«9月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
ページトップへ