松島屋ないまぜ帖

2021.09.16

日本伝統工芸展

今年も始まりました。

第六十八回日本伝統工芸展。

「採算なんて関係無い」という

コリに凝った工芸品が

500点以上

所狭しと並んでいます。

   

今回、特に嬉しかったのは

久留米絣の故・松枝哲哉サンの

御子息、崇弘(たかひろ)サンが

日本工芸会奨励賞に輝いたこと↓

    

美しい色へのこだわりはお父様

哲哉サンのDNA。

幾何学模様のデザインは

お母様小夜子サンのDNA。

   

この画像ではわかりにくいのですが

「苦参(くらら)」と言う植物で染めた

ライムグリーン色が清々しく

タイトルの「森の光・雨音」は

新緑に降り注ぐ優しい雨を

イメージさせます。

その雨がスローモーションのように

見えてくるから不思議です。

  

たかちゃんご本人も爽やかな好青年。

子どもの頃から成長を見ている

おばちゃんとしては嬉しい限り♪

  

買い物ついでにぷらっと立ち寄れる

日本橋三越にて今月27日まで。

その後、巡回します。

   

カレンダー

«9月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
ページトップへ