松島屋ないまぜ帖

2021.04.08

モンドリアン展

  

原色コンポジションの

オンパレードかと思いきや、

初期の頃は印象派のような風景画。

まるでコローのような色合い。

  

やがて点描画や

キュビズムに影響され、

50歳を前に

代名詞とも言える

水平線・垂直線・原色平面の

抽象的構図を確立。

新宿のSONPO美術館で開催中の

「モンドリアン展

純粋な絵画をもとめて」

ピート・モンドリアンの

画業を紹介するのは

日本では23年ぶり。

   

オランダで生まれ、

パリ、ロンドン、ニューヨークと

戦争から逃れるように拠点を移した

モンドリアン。

スペイン風邪にもかかった。 

それでも逞しく生き抜いた。

  

モンドリアンの絵画構成は

デザインや建築にも影響している。

会場の撮影スポット↓

      

江戸っ子だと「まっつぐ」な表現が

心地よい。

  

 

 

 

 

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ページトップへ