松島屋ないまぜ帖

2021.02.24

等伯忌

国宝「松林図屏風」。  

作者は言わずと知れた長谷川等伯。

多分、日本で一番有名な水墨画。

年に一度は対面する。

   

これはミュージアムショップで購入した葉書↑

最近では昨年11月東京国立博物館の

「桃山 天下人の100年」展。

初春恒例のトーハク常設展は遠慮したが、

僕はいつもこの作品の前で、

立ち止まる。

  

何とも言えない空気感、というか

湿度が感じられる(・・・気がする)。

  

余白なのに余白じゃない(・・・気がする)。

  

水墨画なのに

色彩が浮かび上がってくる(・・・気がする)。

  

江戸のはじめ

慶長15年(1610年)2月24日

長谷川等伯没す。

今日は「等伯忌」。

 

 

 

 

カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
ページトップへ