松島屋ないまぜ帖

2021.02.18

オーダーメイド

亀蔵は鯵の干物が好きです。

子どもの頃から慣れ親しんだ

丸赤のが大好物。

  

そこで鯵の干物用に伊賀焼を

オーダーメイドしました。

  

我が家の土ものは

殆どが稲葉直人サンの作品です。

  

稲葉サンの土鍋で炊くご飯が

あまりに美味しいので

炊飯器を捨てたほど。

あ、話が逸れました(笑)。

  

稲葉サンは何回も試作を繰り返し

栗の皮を焼いたのを釉薬に混ぜ

独特な色合いを出して下さいました。

  

「若葉緑」または「薄緑」

はたまた「裏葉柳」とでも

言った繊細な色です。

  

三枚求めたのですが

表情が一枚一枚全て違って

どれも良い!

  

二枚は魚料理の時のスターティング

メンバーとして大活躍。

一枚は飾っています。

それがこちら↓

  

先日、個展へ伺いましたら

通常商品として店頭に並んでいました。

稲葉家でも一番よく使うお皿だそうです。

  

 

 

 

 

カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
ページトップへ