松島屋ないまぜ帖

2022.06.30

東京オリンピック

昨年の東京オリンピックの記録映画が

公開されている。

  

  

SIDE:Aは

アスリートに

スポットを当てたもので、

SIDE:Bは

ボランティアや

大会関係者の記録。

  

因みに

前回の市川崑監督の時は、

興行収益が12億。

学校や公民館上映などを含めると

観客動員数は2350万人。

全国民の4人に1人が見た換算となり

この記録はいまだに破られていない。

亀蔵DVDコレクションより↓

 

  

当時の熱狂ぶりと今回とを

ストレートに比べるのは

河瀬監督が気の毒だ。

あまりにも環境が違いすぎる。

    

令和の今は

映画館へ足を運ばずとも

ネットも含め

ほぼ全ての競技を

リアルタイムで見られる時代。

  

映画館の椅子にポツンと座って

余裕のソーシャルディスタンスでの

鑑賞だった。

  

次の東京オリンピックの時

(いつかはわからないけど)

世の中は

どんな変化を

遂げているのだろう。

  

   

 


 

 

カレンダー

«6月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
ページトップへ