松島屋ないまぜ帖

2022.01.30

古賀政男音楽博物館

『影を慕いて』

『ゲイシャ・ワルツ』

『悲しい酒』など

1000曲以上の古賀メロディーが試聴できる

東京・代々木上原の

古賀政男音楽博物館。

今年開館25周年を迎えます。

  

3階フロアーには

昭和13年建築の旧古賀邸が

移設されていて

古賀先生の普段の様子を

伺い知ることができます。

こんな素敵なご自宅で

創作活動をなさっていたとは〜♪

床の間のお軸は、大観でしょうか?

古賀先生、ここで踊りの

稽古をなさっている写真が

残っていました。 

   

館内にはブロンズ像や胸像が

幾つも展示されています↓

 

愛用ギターの展示もあって

1日に2回、

自動演奏で音色を聞く事ができます↓

  

レコードやジャケットが並ぶ壁、

ご当地ソングの地図、

手形なども↓

  

  

2階フロアーは

日本の大衆音楽文化の発展に

貢献した方々の業績を讃え、偲ぶ

大衆音楽の殿堂』。

  

地下には

音楽情報室とカラオケスタジオがあります。

  

コロナ禍で一部非公開になっていますが

「見て・聴いて・歌える」博物館。

  

福岡県大川ご出身の古賀先生って

どんな方だったのかしら?

想像は膨らむ一方です。

次回はもっとゆっくり拝見

&拝聴したいと思いました。

  

  

     

カレンダー

«1月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
ページトップへ